Pekalongan

バティック専用の版(チャップ)
【ドゥタ・ムラティ】オリジナルの版で制作


バティック専用の版(チャップ)を蝋に浸し、
丁寧に文様を繋いでいきます


プカロンガン・バティック特有の細かい地模様
可愛らしい小紋柄をチャップ(型押)で仕上げていきます


型押を施した布に、手仕事で蝋を伏せていきます
こういうひと手間が、出来栄えを左右します



こちらは手描バティックの製作中
工房内では、型押と手描に分かれて作業を進めています


蝋のはみ出したところや、薄くなっているところに赤印
クオリティ・コントロールをする専門の職人さんが直していきます


一回目に染める部分を残して、全体に蝋を伏せていきます
模様を描く蝋と伏せる蝋は、異なる種類の蝋を使います



友禅のように、筆で色付けしていく技法
プカロンガンに多い染色方法で、他の産地ではあまり見られません



*おまけ*
ジャワの田舎で出合った美しい睡蓮たち・・



西ジャワ北岸沿いの、とあるレストランにて・・
メニュー:焼き魚と緑のサンバル・イカのバター炒め・空芯菜の炒め物・生野菜のピーナッツソース和え
ご飯がすすむお料理です


***  Batik・2007 初夏  ***



Copyright (C) 2001-2012  Duta Melati All Right Reserved.