Cirebon

オーダー品は、絵師に直接下絵を描いてもらい確認します
白生地に蝋で文様を描くことを「メト」といいます
画像は「メト」の状態



イセンと呼ばれる装飾模様を入れていきます
イセンは産地によって異なり、
職人さんの技術がバティックの出来栄えを左右する
最も重要な作業のひとつ


まだまだイセンの途中
小さな動物達、ひとつひとつに異なる模様を描いていきます
長い作業が続きます・・




前回、注文した創作手描バティック「蓮」
3色が重ね染められています
この後に、また蝋で伏せて、染めて・・・
染める色によって随分と印象が変わります


こちらは1回目のプロセスで地色を濃紺に染めたところ
白地の部分は全て蝋で伏せて染め残しています
この後は濃紺の部分を蝋で伏せて、重ね染めていきます



こちらは1回目のプロセスで赤に染めたところ
仕上げる最終の色構成によって、染め始めの色を変えます
バンビルヒジョウという赤・青・緑の染を施していきます




***  Batik・2006 初夏  ***



Copyright (C) 2001-2012  Duta Melati All Right Reserved.