Pekalongan

ジャワ北岸の一大産地プカロンガン
中国文化の影響を色濃く反映された
手描バティックが創られています


世界中にファンを持つインドネシア有数の工房
ウィ・スー・チュンにて・・・



こちらのバティックの殆どは予約品。
数ヶ月から数年を待ってゆっくりと仕上げられていく



グレーの部分は蝋を伏せた状態。
ここには何色が染め上げられるのだろうか・・



ウィ・スー・チュンの真骨頂。
繊細な「鳥と花」



作成途中のバティック。
このあとに地色を染め上げる



高度な技術に裏打ちされた繊細な文様、
柔らかな色合いは、ウィースーチュンならでは・・



Cirebon & Indoramayu

チレボン・インドラマユでは
海をモチーフにしたものや花鳥模様
中国文化の影響を受けた手描バティックなどが
大小さまざまな工房で創られています


たくさんの職人さんの手により創り上げられる
手描バティック



チレボンをはじめとした北岸に多い
海をモチーフとした文様



インドラマユの代表的な文様群@


インドラマユの代表的な文様群A


Yogyakarta

古都ジョグジャカルタカルタでは
バティック・ソガンと呼ばれる
伝統的文様を描いた手描バティックや
型押バティックが市内のあちらこちらで作られています


ジョグジャカルタでは、伝統的な文様をはじめ
自然をモチーフにしたものも多く創られている


高度な技術を要するバティックの世界では
まだまだおばあさんが頑張っています



染色の模様。
伝統的な天然染料ソガで染め上げられる


バティック製作の工程。
このように何度も人の手が加えられていく


こちらのアンティーク・カインを
手描で複製しました


今はほとんどチャップで作られている文様ですが、
こちらも手描で複製しました


***  Batik・2002 秋  ***



Copyright (C) 2001-2012  Duta Melati All Right Reserved.