バティック制作の現場

シルクスクリーン方式で
プリントの布を制作している工房

バティックの文様を生かした布を
安価に制作できるため
主にインドネシア各地の制服生地を
作っているそうです


チャンティンで文様を描いています

布を伸ばす機械

延々と模様が連なっています


天然染料ソガンの染

ジャワではティンギ、トゥグラン、ジャンバールの
3種の木を煮出して、茶の染料を抽出します

染料に何度も浸し、干すことを繰り返すことで
深みのある柔らかな茶のバティックが生まれます

白生地の精錬には1−2週間を要します

ソガンと呼ばれる3種の木

ソガンの染料
 
折り畳んだ布を何度もソガンに潜らせます
 
うっすらと色づいたバティック







***  Batik・2015 冬  ***



Copyright (C) 2001-2015  Duta Melati All Right Reserved.