Bali ・Jawa 2009
-バリとジャワを駆け巡る、染織三昧のプライベート・ツアー-

バリ島では手織布を、ジャワ島では中部から東ジャワを中心に
各産地のバティック工房を訪れました


Bali
- バリ島の手織布 Endek -

バリ島東部シドメン
木綿の手織布エンデックや
金糸を織り込んだ手織り布ソンケットが
作られています

織り出す模様にあわせて括っていきます


染め上がった糸


高機で織り上げていきます


パタパタ・・


- バリ島の手紡手織布 Gringsing -

アタバッグで御馴染みの
バリアガ(先住民)の村トゥンガナン

世界的にも稀有な織物
ダブルイカットが作られています


村に自生する木綿の木


綿をとりだし・・



木製の工具で種を取り除きます


糸紡ぎ車



そうして、稀有な織物ダブルイカット
グリンシンが生まれます



こちらはシングルイカット
茜の色が美しい手織布



Yogyakarta

- Batik sogan Yogyakarta -

ジョグジャカルタ郊外の山間部では
昔ながらの技法で
天然染料ソガや藍で染めた
バティックが作られています

樹皮から煮出した茶の染料ソガで染めたバティック


藍を染めた後に蝋を置いていきます


Solo
- Batik Danar Hadi Solo -

インドネシアの三大バティックブランド
ダナルハディの工房では
2000人にも及ぶ職人たちが
あらゆるスタイルのバティックを作っています

また、併設のバティック・ミュージアムでは
素晴らしいアンティーク・バティックの数々を
見ることができます

伝統の連続紋を現代風の色にアレンジ


服地のようなバティックも・・


Lasem
- Batik Lasem -

東ジャワに程近い、北岸の町ラッスム
今も尚、2,3軒の工房が
小規模ながらも手描バティックを作っています

北岸様式のバティックに多く見られる花鳥文様に
深い赤の染が印象的なバティックです

愛らしい小紋柄


ラッスムならではの「赤」


爽やかな「青」も魅力



Madura
- Batik Madura -

東ジャワの州都スラバヤ沖に位置するマドゥラ島

島伝統の深い染めのバティックをはじめとして
最近では天然染料で染め上げた
淡い色彩のバティックにも
力を入れています

藍に浸し・・


色止め液へ・・


藍で染めたバティックの爽やかなこと


黄色の部分は蝋で伏せています



Solo
- Candi Prambanan -

中部ジャワ、ジョグジャカルタとソロの間にある
ヒンドゥ遺跡プランバナン寺院

搭を彩るレリーフには
ヒンドゥの神々や狛犬のような愛らしい獣たち
バティックのモチーフにも多く見られる対の鳥・・

搭の周りには、朽ちた瓦礫

プランバナン遺跡群には2つのヒンドゥ寺院と
1つの仏教寺院があり
それぞれに数千の搭が建立されていたという

遥か太古に思いを馳せる、のどかな昼下がり


Surabaya
- Hotel Majapahit Surabaya -

1910年に建てられた
コロニアル・スタイルのホテル・マジャパイット

約100年、インドネシアの長い歴史と共に
歩んできたホテルです

日々の喧騒を忘れさせるような
静かな時が流れています





***  Batik・2009 早春  ***



Copyright (C) 2001-2012  Duta Melati All Right Reserved.