手織布工房


インドネシア式糸車 自転車の車輪をリサイクル!



縦糸の整経台 糸を引き出して
 反対側にある大きなドラムに糸を巻き取ります



糸を整えて・・


足踏みしながらパタパタと織っていきます


パイナップル繊維と木綿を織ってもらっています


仕上がった織布に手描バティックを施します
爽やかな質感のスカーフやストールに・・






天然染料染め工房


名前失念・・木の実の種から「オレンジ」を出す
古い時代のヨーロッパでは、マニキュアとして使われていたそうな・・



ラックダイ 染料になる木の皮を食べた
アリの排泄物から「赤」を抽出するのだそうです



このような渋い「赤」になります



名前失念・・このような数種の樹皮から染料を抽出します


深い「赤みの茶」


「黄みのある茶」


「紫系の茶」


ジャワでは、草木や木の実などの天然の染料を使った「茶系」の染めを
「ソガン」と呼びます。
ジャワ更紗の代名詞ともいえる「ソガン」は、
主に「ティンギ」、「ジャンバール」、「トゥグラン」という
三種の樹皮から作られています。

その他にも様々な種類の樹皮や木の実、木の根から、
「自然からの恵みの色」を布に染めていきます。



ペースト状の「天然藍」


こちらは乾燥させた「天然藍」の塊


「藍」の染料に何度も浸して染めていきます


青味の強い「藍」の染料


インドネシアの天然藍は「インド藍」と呼ばれる品種が使われています。

手織布イカットで有名なスンバ島や、
東ジャワのトゥバンに自生する「インド藍」が、
最も品質が良いそうです。

明るい藍色から深い藍色まで・・・
何度も蝋を置き、染め重ねて・・
そうして自然からの恵みの色「藍のバティック」が生まれます。





*おまけ*
ジャワは只今、マンゴーの季節!

甘くて美味しいマンゴーがたくさん!

工房の庭にも、たわわに実っていました

***  Batik・2007 晩秋  ***



Copyright (C) 2001-2012  Duta Melati All Right Reserved.